2ch砂糖水を塗ったらアトピーが治ったスレを知っていますか?

浸透率

砂糖などの糖分は肌に対して大きな浸透率を持ちます浸透率を皆さんはご存知ですか?本来化粧水などは、付けても肌には染み渡りません浸透する前に蒸発したりするのですが、砂糖などの糖分は大きな浸透力を持ち、肌に吸い込まれるのです

つまり潤いを持ち続けるには、浸透力の高い水分を保持する物が必須なのです

カサカサ肌・ゴワゴワ肌でアレルゲンを簡単に潜入させる人は浸透率の高い化粧水がお薦めです

もちろんセラミドやコラーゲンの化粧品よりも肌潤糖が一番です

驚きの効果は糖分の働きにあり!

砂糖と吸収

肌に取り込まれた糖分はどのようになるか?即答できる見識のある人はいないと思います。実は糖分には、非常に高い吸水効果と保湿力があるのです。

保湿力が高いということは、水分が体外に出て行き難いことは誰でも理解できると思います

吸水力は化粧水などで肌に付着した水分をそのまま皮膚へ取り込み乾いた細胞間に潤いを与えて、アレルゲンから保護してくれます

何故乾燥肌の人にアトピーが主婦湿疹などが多いのでしょうか?

やはり、アレルゲンをそのまま体内に取り込んでいるからなのです

肌潤糖は、肌全体に潤いと保湿を与えるので、容易にアレルゲンなどの不純物が侵入することを防ぎます

もちろん肌を痛める心配が無いようにコーティングされています

市販の砂糖

砂糖をそのまま塗りこませることは絶対に止めましょう皮膚へのダメージを考えたときに、市販されている砂糖では分子が角ばっているため、肌を傷つける恐れがありますさらに、そもそも肌へ浸透されることは無いと言っても過言ではありません

肌潤糖の場合は、分子レベルで球状となっており、オイルでコーティングされているので、そのまま肌を痛めず角質層まで届くのです

つまりいくら浸透力が高くても角質層まで届かなければ無意味ということです

肌潤糖以外の化粧水で、角質層まで糖質を届けるものは、どの競合を調べても存在しないと言い切れます

紫外線が強い夏でも肌潤糖は大活躍

アレルゲンだけが脅威ではありません

夏の紫外線は、肌に多大なダメージを与えます

肌潤糖は、アレルゲンの侵入だけではなく、保湿効果で皮膚にバリアーを張ります

今まではステロイドの影響や、掻破によって傷ついた細胞から直接入り込んでいた紫外線も防いでくれるのです

もちろん、使用されているオイルについても万全の対策を施しています

オイルによる日焼けの心配など無く、洗えばすんなりと水と一緒に流れ落ちますのでご心配無用です

塗り薬を使われている方へ

まず肌潤糖を使うことで、勝手に医師の判断無く現在使用している薬を中断することはやめてください

また、肌潤糖を塗るときは、最初に肌に付着している保湿剤などを綺麗に洗い流してください

流し終えた後に肌潤糖を使い、その後薬を塗ることをお薦めします