脱ステロイドで明石病院へ入院

強酸性水とアルカリイオン水を使った入院治療を、兵庫県にある明石病院で行った体験談です

まず、いきなり入院したのではありません

岡山市にある深海病院という皮膚科で、診察をしてもらったのがきっかけです

 

明石病院の皮膚科医、深海隆子先生の息子さんがやっている皮膚科なのですが、とにかく初診まで2週間以上待たされました

診察は割と簡単で、使っているステロイドを持っていき、見せて終わり

あとは、アトピーの患部を見せて、ステロイドを使っていては治らない

 

酸性水と、アルカリイオン水で根治するしかないと言われ、冊子をもらいました

その時に、アルカリイオン水と、酸性水も持ち帰って、毎日飲んで酸性水を体に付けろということでした

酸性水は、霧吹きみたいなもので、体に吹きつける方法です

ステロイドを辞めてリバウンドを経験

ところが、ステロイドを辞めて、4日くらい経過すると・・・

体のあらゆるところが真っ赤になって炎症を起こしました

顔はパンパンに腫れて、少し掻くとリンパ液が溢れてきたのです

 

今思えば地獄でした・・・

シーツには、血とリンパ液でビショビショになり、凄い臭気を放ちます

背中にも貼りついたままで、無理やり起き上がると、シーツが背中にくっ付いたままでした

 

他にも激しい悪寒や、微熱が続き、眉毛の毛も抜け、頭部も髪が抜け始めたのです

一番恐ろしかったのが、あまりの痒さで、髪を引っ張ったときに、大量の髪が抜けました

アトピーのリバウンドの恐ろしさは知っていましたが、ここまでなるとは、予想もしなかったです

アトピー重症で鬱になり入院することになる

そして、とうとう会社も辞めてしまい、引きこもってのアトピー治療が始まりました

朝から晩まで、酸性水を吹きかけても一向に良くなる気配がしません

最終的には、自殺まで考えるようになりました

 

当時の睡眠時間は、2日間で2時間くらいです

とにかく、外見の酷さと、リンパ液の不快感、何よりも、睡眠不足が徐々に体力を奪っていき、死んだ方が楽になれると確信しました

ある日、ついに車まで何とか乗り込み、自殺をするために、地元にある橋まで運転していきました

 

ただ、さすがに死ぬ勇気は無かったので、死ねなかったですが、新海先生に相談すると、明石病院で病室に空きがあるから入院しなさいと言っていただきました

アトピーでの入院は始めてだったのですが、すぐに手続きを取り入院することになったのです

 

結局酸性水とアルカリイオン水を飲むだけの日々

兵庫の明石病院へ入院した時に、初めて深海隆子先生に会いました

穏やかな方で、いつも笑顔が絶えない方です

ところが、病室ですが、酸性水を毎日裸で吹きつけるので、当然個室しか取れません

 

さらに、精神科病棟と同じなので・・・

周りには高齢で精神を病んでいる方ばかりなので、話相手すら見つかりません

ただ、毎日朝起きて、体重×2%のアルカリイオン水を飲んで、酸性水を吹きつけるだけ

 

そんな治療が続いていきます

ところが、最初の変化は初日から見られました

アルカリイオン水をとりあえず飲んでみたのですが、その後・・・あれだけ不眠に悩んでいたのですが、ぐっすり眠れたのです

 

また、酸性水の効き目も凄くて、3日目には真っ白な肌が顔に出てきました

脱ステ後の、リバウンドのピークを過ぎていたとはいえ、あまりの変化に喜びました

その後、良くなったり悪くなったりを繰り返して・・・

 

1ヶ月後退院することになったのです

その時、わたしの肌は誰よりも綺麗だという自信があるほど、アトピーから回復したのでした

また、驚いたことに、お酒を飲めば痒くなっていたのが、全く痒くなくなっていました

 

退院後・・・見事にリバウンド

すっかり深海信者になり、家庭にも酸性水とアルカリイオン水を作る機械を購入までしました

とろこが、病院に居た時よりも効き目が悪くなってきているように思えてきました

さらに、腹部に痒疹のようなものがポツポツ出てきました

 

慌てて、明石病院へ電話して聞いたのですが、体調管理が出来ていない

アルカリイオン水を飲んで、毎日酸性水をやれとのことでした

しかし、いくらやっても、炎症は広がるばかりで・・・

 

せっかく手にした美肌を手放したくない私は・・・

とうとうステロイドを使いだしたのです

結果的に、わたしは元のアトピーへ逆戻りしたわけです

 

今思えば・・・

今思えば、何故退院後リバウンドしたのか?

逆の発想で言えば、入院して何故治ったのか?

答えは、生活習慣や食べ物、そして、ダニ対策などにあったと思います

 

また、それが確信となったのは、2回目の入院でした

正直、明石病院では、40万くらいの入院費がかかります

そのうち、30万近くは病室代なので、高額医療の対象となりません

 

全て自腹になります

民間の保険に入っていたので、何とか入院出来ましたが、とても保険無しでは入院できません

2回目の入院については、市民病院でステロイド治療をすることにしました

 

結果的に、また明石病院と同じくらいに綺麗になったのです

つまり、入院出来れば、どこの病院へ行っても変わらない

ステロイドを使おうが、使わないでいようが、全くの無関係ということが分かりました

 

また、退院後、元の生活へ戻ると、非常に高い確率で入院前の状態になることも分かってきました

以上が、私の体験談ですが、新海病院、明石病院が間違えているとは思いません

ただ、盲目的に、新海先生の言うことだけ聞いていれば治ると思った方には、私のようにリバウンドする恐れがあることを忘れないでください