黄色ブドウ球菌の殺菌には有効

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は、アトピーを重篤化させます

しかし、知らない人も多いのですが、黄色ブドウ球菌は元々人間の皮膚には常在しています

ただ、健常者の皮膚とアトピー性皮膚炎の方との肌とでは、生息している個数が違うのです

 

健常者の皮膚に比べて、アトピーの方の皮膚には、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい環境にあります

例えば、ステロイドの洗い残しや、症状が悪化したときに出るリンパ液などは、菌にとって格好の餌となります

 

脱ステロイドなど行うと、全身からリンパ液が出てきて、見た目が真っ赤になりボコボコしたような湿疹が出ます

これらも黄色ブドウ球菌によるものと思えば良いでしょう

通常の肌では考えられないような、酷い状態になるのは、菌が繁殖することによってただでさえ過敏な免疫がより活発化した結果とも考えられます

 

殺菌と化粧水についてはこちらの記事を参照してください

アトピー殺菌化粧水

強酸性水は黄色ブドウ球菌を退治する

通性嫌気性のグラム陽性球菌であるブドウ球菌は、普通の菌に比べて弱い菌だと言えます

イソジンなどでも簡単に消滅します

ただ、普通の酸性水よりも、一時期話題になった強酸性水が、この菌には非常に有効なのです

酸性水を製造する機械

強酸性水はドラッグストアーなどでも販売されていますが、機械そのものもアマゾンなどで購入できます

水の中に食塩を入れ、電気分解をすることで、アルカリ性の水と強酸性水とに分離されます

この水を霧吹きなどで患部に付ければ、見る見る赤い肌が白くなります

 

繁殖した菌は、毒素を産出します

その毒素にアレルギーがあれば、当然症状は悪化します

また、黄色ブドウ球菌自体が増えることで、免疫が反応してしまうのです

 

最近の調べでは、アレルギー反応が出たあとに、ブドウ球菌の繁殖によって、一般的に知られるアトピーの症状になるのでは?という研究も発表されています

以上から、黄色ブドウ球菌を強酸性水で殺菌するのは、アトピーにとっては良いことだと思われるのですが、実はそうでもないのです

 

酸性水は常在菌で良い菌も死滅させる

皮膚には、多くの常在菌が存在しています

通常であれば、何らかの悪影響を及ぼす菌が繁殖しないように、それらを退治する菌がブドウ球菌などを死滅させていきます

ところが、そのバランスが崩れたときに、悪玉菌は繁殖を開始します

 

死滅

だから、肌にいる菌全てを殺せば、アトピーが軽減されるというわけではありません

過去に、兵庫県明石市にある明石病院では、酸性水を用いた治療と入院を行ってきました

入院すれば、リバウンドで爛れたような皮膚も、綺麗になって退院できたのです

 

ところが、いくら悪い菌を殺しても、良い菌まで殺菌してしまうのですから、またブドウ球菌は繁殖していきます

強酸性水が死滅させる菌は、大事なので繰り返し言います

全ての菌に対して、殺菌を行うのです

 

化粧水代わりに酸性水など使えない

ブドウ球菌を死滅させるのに酸性水が有効であること

そして、酸性水は全ての菌を死滅させてしまうことを理解していただけたかと思います

だから、イソジンやマキロンの消毒液も同様のことが言えますが、黴菌などが繁殖した際、若しくは予防に消毒液を使うことは良いことだと思います

 

しかし、毎回ステロイドの予防塗りと同じで、菌が繁殖しないために塗るのは、肌に大きなダメージと弊害を与えます

何もしなくても、基本的に人間の体には悪いものは排除するシステムが構築されています

ただし、細菌などが繁殖して人命を奪うようなことがあるので、抗生物質などの薬があるわけです

 

もし、貴方が化粧水として使うのであれば、酸性水などを利用するのではなく、殺菌効果も兼ねた物を利用することが一番なのです

当サイトでもオススメ化粧水にあるオージェンヌは殺菌効果のあるアトピー専用化粧水となります
オージュンヌ公式はこちら

重要なのは肌に常在する菌のバランス

人間の皮膚には多くの菌が生息しています

常在菌と呼ばれていますが、腸内の環境と同じで、善玉菌と悪玉菌と日和見菌に似た役割を個々で担っています

実は、美肌についても、美肌菌と呼ばれる菌が、肌を美しくするという研究結果も出ています

 

人間の肌にとって、細菌は非常に重要な意味を持つのです

つまり、殺菌をするのではなく、菌のバランスを重視した生活が求められます

アトピーの方は、必ず生活習慣を改めるよう、医師などから指導を受けます

 

これについては、肌にも同様のことが言えるのです

人間の肌に良い効果をもたらす菌・・・表皮ブドウ球菌などを増やしていき、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などの数を抑えていくのが、正しいスキンケアの方法だと言えます

 

また、顔にロコイドなどのステロイドを塗るのは、非常に良くないと言えるでしょう

黄色ブドウ球菌が繁殖する原因にもなります

ただし、炎症がひかない時は、使用するのがベターだと言えます